世界の憂鬱

「グリッドマン」のアニメ版リブート成功の理由の一つは、
オールドファンへのサービスが、絶妙なバランス感覚だったことだ。
オリジナル(特撮版)にそんなにファンがいたかどうかはともかく。
やりすぎず、媚びず。
まさに現役クリエイターのセンスの良さ。

そしてスピンオフの「ダイナゼノン」はそれを超える傑作になった。
セカイ系の呪縛を解くロボットアニメが、エヴァ完結作と同じ年に現れたのは、まさに必然。

もし観てない方はぜひ、なんて言わない。
でも、宮崎駿よりも大塚康生というような、古参のアニメファンの方(人生も折り返し地点をとうの昔に過ぎた方)は、観ても損はないと思う。

コメント

トップへ戻る