DropNews

DropNewsは日本財団の助成を受けています

DropNewsの助成期間中はこの記事をトップに置き、日本財団さんからの助成活動であることを明示します。早くも年度目標であった登録数1000人を越えたDropNewsですが、更に多くの方にご登録・ご活用いただきたいと思っています。身近な方々への紹介、是非お願いいたします。
活動報告

ドロップレット・プロジェクトのウェブサイトへようこそ

新しいドロップレット・プロジェクトのウェブサイトにご来訪ありがとうございます。2007年の活動開始以来はじめての、大幅なサイトの刷新を行いました。私たちの活動について、よりシンプルにわかりやすく、情報発信していく予定です。改めてドロップレット・プロジェクトをよろしくお願いします。(旧サイトもしばらくの間は閲覧可能です)
Drop-In

わかってましたけど:Drop-Inセミナー、第2回も盛況でした

今回も定員いっぱいの95名の申し込みをいただきました。オンライン&見逃し配信ありの宿命か、リアルタイム参加はちょうど半分の50名でしたが、みなさんから良い反応もいただき、充実したセミナーになりました。運営の開催意図として途中で話した通り、iPadなどのタブレットが現場に入って10余年、さまざまな好事例が生まれていますが、その根本にある大事にしなくてはいけな...
イベント

11月26日、支援機器活用セミナー in 一関

11月に久々に岩手にお邪魔します。岩手といえば「とある教員の特別支援教育研究ノート」の菊池先生。菊池先生にご差配いただき、研修会を行えることになりました。ニューロノード・トリロジーやら何やらかにやら、たくさん担いで伺う予定なので、近隣のみなさんよければぜひ。
DropNews

DropNews第2回イベントもオンライン開催決定!:10月8日、夜7時

お待たせしました。DropNews第2回イベントのお知らせです。今回は申し込み不要です。参加URLは来週水曜日に当ブログでお知らせします。 ドロップレット・プロジェクトが提供するDropNewsは、テレビ、ラジオ、新聞、ネットニュースといった既存のメディアでは理解が難しい人のための、視覚的な情報を中心にした新しいニュース配信です。2022年6...
イベント

信州ABA研究会「ABAスクールオンライン2022」は申し込み受付中です

さて、昨日の記事に続いて。奥田健次先生を顧問にお迎えして、活動している信州ABA研究会。コロナにも負けず、今年もオンラインでABAスクールを実施します。基本的に長野県内の方対象です。参加は12名限定かつ抽選になりますが、ABAの基礎と実践に生かすためのスキルを学べる貴重な研修会ですので、ご希望の方はお早めに。
その他

10/2、奥田健次先生の最新ドキュメンタリーが放送されます

奥田健次先生が長野に行動コーチングアカデミーを開校されたのが2012年。県内特別支援学校でABAに基づく事例研を行う事ができるようになった事、信州ABA研究会ができ、教員同士の学び合いと後続の育成に繋がっている事、そして今年は行動支援リーダーという専任が県内に配置された事、これらの動きは奥田先生が長野にいてくださる、という僥倖あってのことなのは間違いありま...
Drop-In

おかげさまで、間も無く満席

いよいよ今週末になった「ドロップイン 第2回 基本セミナー」おかげさまでに、早くも84名の参加申し込みをいただきました。残り11席となりました。参加者のみなさんには、間も無く視聴URLをお送りしますので、お待ちください。
書籍紹介

雪風と綾波ですでに

ちょっと前に、こんな記事を書きましたが、特別支援教育関連本とは違って「おお、そんなに支持されている作品があるのか、では読んでみよう」とはならないのが、このブログで取り上げるSF関連書籍。その記事で「中心的なアイディアや小ネタをいろいろな作品にパクられていますが」と書いているんですが、おそらく最大の「元ネタにされた」事例は、某アニメでしょうね。だって、戦闘妖...
活動報告

長野県総合教育センターで講義「特別支援教育に生かすICT活用」

あれ、この報告し忘れてましたね。9月8、9日は、恒例になった長野県総合教育センターでの講義「特別支援教育に生かすICT活用」でした。この講座もなんだかんだで長く続いています。今年は対面で行う予定でしたが、コロナの状況が悪化してきたタイミングだったので、急遽オンラインに。そして本来行うはずだった演習は10月に改めて、ということになりました。昨日この8、9日の...
書籍紹介

下山真衣先生の新刊:知的障害のある人への心理支援

このタイトル、おっと待ってました、って方も多いのでは。お世話になっている信州大学教育学部の下山真衣先生の新著です。下山先生といえば、先日紹介したこちらの本でも訳を担当されていますし、今話題の件でセミナー配信に関わっておられたり、本当に超ご多忙と思います。でも、こういう本当に「いつ時間あるの?」って方に限って、逆に日々の研究成果を着実に世に出していかれるんで...
Drop-In

数値報告:68万、2700、70

DropTapの無償提供数が68万本を超えました。研修会でネタにしている「売上にして7億越え」が洒落にならないレベルになってきました。導入しやすい手段を提供しているとはいえ、これは驚異的な数字だと思います。 DropNewsの購読数も2700人を大きく超えています。そろそろ目標数の3倍、3000人が見えてきました。 10月最初の土曜日の企画、D...
音楽

This is the sea

ウォーターボーイズの「This is the sea」は、1985年の9月16日にリリースされました。The Whole of the Moon、The Pan Within、Don't Bang the Drum、と珠玉の名曲が並ぶこの名盤ですが、発売当時は「重い」「大袈裟」「古い」「暗い」という否定的な評価も多かったように記憶しています。しかし、今とな...
活動報告

コツは、ある

9月の巡回、たけなわです。以前にも書きましたが(書いてないか?)、ICT活用の肝はICT活用以前の部分。学習環境が整わずして効果的なICT活用があるはずもありません。というわけで、巡回時に共有する改善ポイントも必然的に、環境づくりと教材の中身、そして具体的な先生の動きという技術の話になります。幸い間に入ってくれている、各校のICT活用推進担当・自立専任の先...
書籍紹介

矢吹駆、11年ぶりの帰還(間もなく)

昨日画伯に「今月、矢吹駆シリーズの新作出るよ」と伝えたら、「うおおお、まじかー」と電脳空間越しにもわかる興奮の返事をいただきました。同好の士がいるのは嬉しいことです。 笠井潔の「矢吹駆シリーズ」11年目の新作。第一作「バイバイ、エンジェル」から42年(!)の第7作。 自分がリアルタイムで読み始めたのは第4作の「哲学者の密室」からなので、そこから...
Drop-In

Drop-In 第2回 基本セミナーを開催します

6月に第一回を開催し、大変好評をいただいたDrop-In基本セミナー。第二回を10月1日に開催します。今回は、井上賞子先生、伊藤陽子先生に加えて、長野の良心、原伸生先生も講師として参加します。告知開始から半日で、すでに20人を超える参加申し込み。95名が定員ですので、どうぞお早めに。見逃し配信ありなので、他の予定がかぶっていても大丈夫ですよ。
書籍紹介

「わたしのおんなの子ノート」完売

みなさまにご好評いただいていた「わたしのおんなの子ノート」。本日めでたく2度目の完売となりました。2019年の信州カンファ会場で販売したものがあっと言う間に売り切れ。その後増刷をしたのですが、対面イベントの無い状態でも3年でまた完売となりました。しばらく増刷の予定はありませんが、いずれ何らかの形で復活させたいと思います。ご購入くださったみなさん、あ...
DropNews

9月4日:楽暮プロジェクト

前回、楽暮プロジェクトに講師で呼んでいただいたのは、5年前。直前にギックリ腰になり、移動そのものも危ぶまれたのですが、無事仙台に辿り着き、お役目を果たせました。その時は某CoCoTalk社などもデモに来ていたり、今思えば牧歌的な時代でした。時は流れて、すっかり特別支援教育業界で独特な立ち位置になったドロップレット・プロジェクト。ありがたいことに定番アプリと...
Drop-In

次回Drop-Inイベントは10月1日(土)です

内容もほぼ固まったので、明日にでも正式申し込み開始予定です。日程を確保しておいていただけると幸いです。 お値段据え置き、時間ちょっと延長、そして講師は(代表は司会に徹して)3名。大盤振る舞いの予定です。
イベント

東海カンファ 講義配信セッティング

良いか悪いかはともかく、東海カンファでの配信はこんなセッティング。Keynoteでスライド、ニューロノードの操作、DropTapの動作など、お見せしたい画面情報が多岐に渡ったので、こんな感じに。左側の2台の機器、奥がニューロノードのシステム。ニューロノードの画面や筋電ユニットの動きをiPadのカメラで撮影しつつ共有しました。そして、DropTapの画面をお...
活動報告

8月最後の研修は「視覚支援はなぜ必要か」

8月最後の研修は、古巣イエロー養護の「特別支援教育セミナー」で講師をさせていただきました。5月に校内向けにやらせていただいた視覚支援に関する講義をパワーアップさせて「視覚支援はなぜ必要か」というお話です。このセミナー、イエロー養護のウェブサイトには以下のように。「地域の特別支援教育のセンター的機能の一環として、幼保小中高校の先生方や支援関係者の皆様が、特別...
書籍紹介

悲しすぎる程の海外有識者発言コンプレックス

今日は東海カンファでした。詳細はまた別の記事で書くとして、大嫌いな「予測することが困難な時代」云々言説に対して、初めて突っ込んだのですが、受け止められ方はどうだったのか、悩ましいところではあります。 しかし、少なくともこのページに書かれているような『子供たちの65%は将来、今は存在していない職業に就く』だの『今後10年~20年程度で、半数近く...
活動報告

コミュニケーションロボット 長野の地に立つ

いよいよ9月ですね。いろいろ面白いネタがあった8月ですので、気持ちも新たに少しずつ紹介していきます。 まずはこれ。8月某日、三菱総研DCS株式会社のみなさんが、長野の代表の部屋を訪問してくださいました。「Link & Rob for グローイング」という新たなロボット活用のデモと諸々の打ち合わせが目的です。「Link & Rob fo...
活動報告

5ヶ月が過ぎました

8月も最終日ですね。珍しく早朝更新です。今日は夕方から研修会で、これで夏の研修会講師仕事全26本が完了です。我ながらよくやり抜きました。国立特別支援教育総合研究所時代にお受けした(その際には「来年は別の場所にいるかもしれないので、4月に改めて本当に招聘するか決めてください」とお伝えしてました)ものが多いので、流石に来年は減るでしょう。 そんなこんなで...
イベント

夏も終わるが、サマースクール(信州ABA研究会主催)はいったいどうなったのか?

と思っている方も多い...かどうかはさておき。 ええ、もう代表としましても今年こそは対面でできないものか、と時期を睨んでおりましたが、やはりどうも無理な予感。ということで、先日オンライン実施を決断しまして、メンバーの参加可否から調整中。まだ決定ではありませんが、11月に行うことになりました。すでにサマースクールどころかレイト・オータム・スクールですが...
活動報告

夏の終わりに三重、岐阜、大阪

全部オンラインですけどね! この夏の研修会、県外向けのラスト3本が終了しました。三重県のくわな特別支援さんは、去年から授業コンサルもやらせていただいてます。今回はDropTapの使い方基礎。くわなの先生方はいつもとても丁寧でフレンドリー。直に伺えないのが残念ですが、毎回とても楽しく関わらせてもらってます。 続いて岐阜。初めてお声がけいただいた海...
DropNews

夏の終わりか秋の始まりか:オンライン研修2連続のお知らせ

以前にもブログでお知らせはしていますが、9月最初の土日は、いずれも馴染み深い2団体から研修会講師のお誘いをいただいてます。どちらもまだ申し込み可能です。講師本人もとても楽しみにしているイベントなので、ぜひどうぞ。 9月3日(土)は東海カンファさんのイベント。東海カンファさんでは、昨年の10月に3時間講義をやらせてもらいました。濃厚かつマニアックな内容...
DropNews

DropNewsは2300人突破

先日のブログで2200人と書いたと思いますが、すでに2300人を超えて、まもなく2400人に届こうとしています。DropNewsの配信には有料のメルマガ配信システムを使っているのですが、今の契約形態は上限3000人です。このまま行くと早晩契約プランを変更する必要が生じそうです。DropNewsもDropTapも、そろそろ一般ユーザーから活用事例報告を募集し...
DropTap

呼ばれて出かけて、サクッとハンズオン

最南端の特別支援学校で研修の翌日は、お隣の長野ろう学校でDropTapのミニ研修。代表のいる長野養護学校三輪教室は、長野ろう学校と校舎が繋がっているので、ほぼ移動時間はゼロ。この研修の取りまとめは、イエロー養護でもお世話になったH向先生。DropTapを使いたいという先生の声を受けて、さっと差配してくれました。機能を一つ説明する毎に「すごい!」というリアク...
書籍紹介

夏に読んだ本2:「科学から理解する 自閉スペクトラム症の感覚世界」

この夏、一番読みたい本、読めてよかった本です。著者の方の2017年の論文「時間的に過剰な処理という視点からみた自閉スペクトラム症の感覚過敏」が大変刺激的だったので、6月にこの書籍の予告を見て、迷わず注文しました。某フィリップ・K・ディックの作品における自閉症の捉えについて、信州カンファなどで話してきた自分なので、「過剰な刺激の時間分解能と感覚過敏」(第6章...
その他

「シモーヌ・ヴェイユの神」より:「芽生える奴隷の従順さ」

今日はシモーヌ・ヴェイユの命日ですね。ですねって言われても困るでしょうけど。 遅ればせながら、吉本隆明氏の講義がこんな感じでアーカイブ公開されていたことを、最近知りました。トロツキーとの論争について、あっさりと「ヴェイユが正しい」と言っていて、思わず笑ってしまいました。 それはさておき章題になっている「芽生える奴隷の従順さ」というのは、ヴェイユ...
その他

県内最南端特別支援学校へ:飯田養護学校で研修会講師(夏の研修21件目)

飯田は遠い。ざっくり移動に2時間半。朝6時半に出発。休憩した駒ヶ岳SAの売店はまだ閉まってました。 研修会講師で飯田養護に伺うのは久しぶり。いつも一緒にいろいろやっている小室先生のご差配で、今日は「知的障害のある児童生徒に対するICT活用」というお題をいただいての研修会でした。リアルでできるか、完全オンラインか、ぎりぎりまで調整いただきました。結果、...
トップへ戻る