活動報告

ドロップレット・プロジェクトのウェブサイトへようこそ

新しいドロップレット・プロジェクトのウェブサイトにご来訪ありがとうございます。2007年の活動開始以来はじめての、大幅なサイトの刷新を行いました。私たちの活動について、よりシンプルにわかりやすく、情報発信していく予定です。改めてドロップレット・プロジェクトをよろしくお願いします。(旧サイトもしばらくの間は閲覧可能です)
DropNews

DropNews : 正式配信申し込み開始

お待たせしました。すでに先行配信で多方面から絶賛の嵐(本当ですよ)となっているDropNews。5月末日で先行配信は終了し、6月1日から正式配信に移行します。 そして、今日から正式配信の申し込み開始です。 今申し込みいただくと、6月1日からの正式配信を受けることができます。すでに先行配信に登録されている方も、改めて登録が必要ですので、ご...
その他

誰にも聴かれない曲は、鳴っていることになるのか

昨日の記事がまたかなり読まれていまして。そうなると反動で被スルー記事を書いてしまうこの悪癖。The Belovedという忘れられたバンドのこの曲は、定期的は掘り起こして紹介してます。シングルカットもされていない、アルバムの中にひっそりと入っている佳曲です。
活動報告

イエロー養護への帰還

今日は古巣の稲荷山養護学校での研修会講師でした。いつもお世話になっている(このブログにも度々登場)O澤先生のご差配で、「視覚支援はなぜ必要か」に焦点当てた1時間研修。新作スライド6割、内容みっちりで自分はかなりやり遂げた感ありますが、初めての方にはちょっと説明不足もあったかな。でも、初めての方にこそ「どうせやるならプロの仕事を」と思ってもらいたくて、熱量高...
活動報告

未来がそこに居ますよ

うらさんも紹介していた、Double3。先日リバーサイド校での授業の活用の様子を見せてもらい、試用もさせていただきました。導入時に関わったので、感慨ひとしお。 導入時の様子県「ロボットやプログラミング教材のために使って欲しい、という寄付のお話があるんですが。候補挙げて」代表「こんな感じ?実際に使うのはリバー校になりそうだから、しましま君、どう...
書籍紹介

発売から一年、ありがたい一手間

「絵で見てわかる! 視覚支援のカード・教材100」発売から1年経ちましたが、相変わらず某超大手ネット書店では、ジャンルの上位にいて驚きです。まあ、ネット書店での順位は1、2冊で大きく変わるので、それだけで実際の売れ行きや、世間への受け入れられ方は測れないにしても、本当にありがたいことです。 共著者の杉浦社長が、ご自身のSNSに最近あげていた写真がこれ...
活動報告

iPhoneの怖いところ(と最高なところ)

怖いところ。サクっとこんな写真が撮れてしまうので、一瞬自分が写真がうまくなったような気がしてしまうこと。最高なところ。多分昔から、道端の花に心を動かされて撮っても、コンパクトカメラ程度では全然良い感じに撮れなかった経験を多くの人がしてきたはず。iPhoneとか、最近のスマートフォンのカメラは、実物を見た時の印象に近い絵を残してくれる。結局大事なのは記憶の方...
その他

何をやっても誰かは何かを言う

という訳で、何はともあれ何かをやる方が良いのだ。他人の評価は関係ない。
DropTap

日本教育新聞「アプリで広げる子どもの学び」:DropTapの紹介連載やってます

と言いつつ、実は紹介忘れてました...もう2回目が掲載されてます。日本教育新聞の連載「アプリで広げる子どもの学び」の第5回、6回でDropTapの紹介記事が掲載されました。次回7回で最終回で、すでに原稿は提出済みです。 800文字の指定に毎回きっかり800文字で提出しましたが、特に編集さんから褒められたりはしませんでした。残念。よろしければ是非お読み...
DropNews

早くも大好評:DropNews

なんか通販番組の誇大広告みたいですけど。真面目な話、次々来る絶賛と問い合わせのメッセージで、何か世の中のために良い事をしてしまった気分です。 DropNews先行配信、大変好評です。まだ3日目ですが、毎回のニュース画像のクオリティの高さに、先生たちの意欲も高められたのか、クラスや学校での活用について、写真などを交えて報告してくれる方多数、です。 ...
書籍紹介

本が届くと嬉しいですね

日詰先生、吉川先生、樋端先生となかなかすごい名前が並ぶ「脱!対話から始める強度行動障害」買いました。ちょっと落ち着いて読書を進める時間がなくて、積読が悲しいんですが、待っていた本が次々届いて気持ちは盛り上がってます。「実践みんなの特別支援教育」井上先生との共著連載は、なんと巻頭カラーですよ。是非お手に取っていただきたく。
DropNews

新企画:DropNews先行テスト配信開始!

おはようございます。今朝のニュースです。本日は何気に歴史的な日となりました。NPO法人ドロップレット・プロジェクトが「ニュースに視覚的な情報を加えてよりわかりやすく伝える」ことを目指したDropNewsの配信を開始しました。ニュースは国内外の情報に、Dropsを基本としたシンボルやイラストを加えて、配信されます。基本的に平日の6時までに配信されますので、学...
Drop-In

Drop-In申し込み締め切りました

そもそも申し込み期間を明示していませんでしたが。ほぼ身内と知り合いで埋まった感がありますが、機器貸し出し対象の方々の申込みはこれで締め切らせていただきます。 Drop-Inのメインは、アイカツ的、親子や先生が学ぶ気軽なセミナーの方なので、こちらは基本誰でも参加できます。できるだけ早く開講しようと思っているので、みなさんどうぞよろしく。 ...
活動報告

R4年度 外部講師のお仕事もスタート

今日は、今年度最初の外部講師の仕事でした。12月までにざっくり30本ほどの依頼をいただいているので、これにNPOで企画するイベントなども合わせると、平均月5回ほど話をさせていただく機会がある感じになります。各地のみなさま、どうぞよろしく。1ヶ月半ぶりくらいの講義だったので、案の定かなり疲れました。寄るなんとやらには勝てず。 いろんな事情で、Windo...
書籍紹介

TVを消す

地元に戻ってきた代表の身辺雑記ですみません。 元々ほとんどTVは観ませんでした。えー?いい歳して、ずーっと巨大ロボットの話ばかりしているのに?ええ、だって今のTVでまともな巨大ロボは見られないですからね。いや、そうじゃなくて。 久里浜期間は、結構ダラダラTVがついていんですが、長野に戻った途端にまた見なくなりました。じゃあ、読書時間が増...
その他

「手段であって目的ではない」と言えば、手段として上手く使えるわけではないし

えらい先生の誰かが「ICTはあくまで...」と言ったら「手段であって目的ではない! ですね?」と続けてみたくなりますね。 そのくらいこのフレーズ良く聞きます。もちろんその通りなんですけど、あまりに手垢がついた言い方で、これを決め言葉にするのは流石に思考停止ではないかと。 この言葉って「ICTを活用することで...よりICTの活用が進むと思うんで...
イベント

ニューロノード紹介ビデオ(代表も喋ってます)

先日のキッズフェスタで初登場した「ニューロノード」。その時に撮影された解説動画が公開されました。 現場に伺った代表も、その場でニューロノードと連携できるアプリ「イージースピーク」に搭載されたドロップスの紹介をさせていただきました。 台本なし、練習なし、修正なしの本当の一発撮り。その割にはまあ、破綻なく話せたということで。
DropTap

DropTap:マニュアル動画追加

連休中、うら家は楽しく家族で過ごせたのか...。 と一瞬心配になる程充実したマニュアル動画を、うらさんが3本追加してくれました。うらさんのブログを見ると、機器の配置やコードの並びの美しさも意識してくれているようで、さすが「女子力が高いうらさん」と言われるだけのことはある。 作業感謝しつつ、次回にも期待 あ、チャンネル登録が1000を超えた...
ガジェット

iPadにはキーボードを付けずにいられない病

日ごろ持ち歩いているのは、カバーもつけていないiPad Proなんですけど。落としたり、半水没させたりしてボロボロですけど。 なのに、iPad専用キーボードに目がないので、iPad mini6用も探しまくって、本日入手。現時点では機能、デザイン、価格などからベストかなと思っています。 基本的にSurface的な構造や、パタパタやらないと打てる状...
活動報告

ニューロノード・トリロジー:試用可能に

先日のキッズフェスタで日本デビューとなった、コントロール・バイオニクス社の新しいシステム「ニュロノード・トリロジー」の試用セットが届きました。 タッチ操作が可能なWindowsタブレット(中身はSurfaceでした)、それと一体化するケースに収められたアイトラッカーユニット、そして筋電スイッチがセットになったシステム。全て持っても驚くくらい軽...
書籍紹介

御恵投感謝:「新しい時代の特別支援教育における支援技術活用とICTの利用」

思いがけず、御献本いただきました。敬愛する谷口公彦先生の表紙が素敵な1冊。 特別支援教育業界ではとっくに話題だった本ですので、すでにお読みになった方も多いでしょうね(と、書いてから発売日は5/9だったと気づきました。到着を待っている方々、失礼しました)。代表は職場が変わった上に、本校経由で分教室(の中の相談センター)に届くまでにタイムラグがあるので、...
Drop-In

Drop-In講師の先生紹介:原伸生先生

講師紹介最終回。最後はご存じ「しましま」先生こと原伸生先生。Drop-Inの講師陣には長野県内の人にもどうしても入って欲しく、もちろんその候補の筆頭は原先生でした。とにかく多忙な原さんなのでご快諾いただけて本当に嬉しいです。 全ての子どもが自分専用の端末を使う未来は現在となりました。自分や関わる子にとってどんな活用方法がよいのか、もっ...
Drop-In

Drop-In講師の先生紹介:伊藤陽子先生

昨日に引き続き、Drop-Inの講師紹介。今日は伊藤陽子先生です。伊藤先生の似顔絵は、今回の企画のために画伯の新作書き起こし。 Drop-In …「欲しいのは『選択肢のある未来』」このキャッチフレーズ,ずっと探し求めていたものにやっと巡り会えた気がしたんです。たくさんの生徒の涙を見てきました。「なんとかしたい!」「どうしたらいいの?...
Drop-In

Drop-In講師の先生紹介:井上賞子先生

今日からGWですね。飛び石平日の処理によって、休みの長短はあると思いますが、コロナと新学期の環境変化で疲れた体を休めることができるといいですね。 さて、昨日から募集が始まったDrop-In。メイン講師であり、実践担当者を引き受けてくれた井上賞子先生から、みなさんへのメッセージを頂戴しました。 Drop-Inがいよいよスタートし...
活動報告

Drop-In申し込み開始

予定より少々早く、本日申込書を公開しました。 ご興味のある方は是非ご検討ください。すでに決めている方は連休中にでも書いていただければ。
ガジェット

AirTagをどうつけるか

すっかり一部の人たちにとっては生活必需品、基本インフラになった感のあるAirTag。iPhone、財布の次に携帯する物、自分は手帳。ブログやSNSで何度か紹介している「ほぼ日」のWeeks用カバー。修理に修理を重ねている愛用品です。これまで内部のポケットにAirTagを入れてましたが、貴重な手帳内スペースを占有してしまうのが不満でした。そこで買ってみました...
活動報告

雨の安曇野

中邑先生ご一行と、雨の安曇野は長野県立こども病院で落ち合い、大事なプロジェクトの打ち合わせに参加しました。前回このプロジェクトの関連でこども病院に伺ったのは2020年の秋でした。1年半を経て、新たな可能性を秘めた機器の完成を目の当たりにできて、感無量です。天気はイマイチでしたが、心は晴れやかです。事後のお茶の時間には、ATACのプランもちょっと伺いました。...
書籍紹介

「論よりショウコ」の第二回:実践みんなの特別支援教育連載

ちょっと紹介が遅くなりました。T子ちゃんこと編集部の東郷さんから「読者からも大好評!」という連絡は...まだもらってませんが、自分達としてはとても楽しくやらせてもらっている連載。算数編第2回は「3時の10分前をどう教える?」です。 自分達の連載も楽しいですけど、今月号の川上先生の連載は、いつもながら素晴らしく。今回のテーマは4倍くらいの長さでじっくり...
DropTap

Drops保管庫としてのiPad

特別支援教育業界のガジェット使いこなしネタ好きな方におもねった話題です(ぬけぬけ)。iPad OS 15の目玉機能、ユニバーサル・コントロールが15.4から使えるようになりましたね。代表もちょっと前から仕事用のメインモニタの横に、ほぼ同じ高さになるようにiPadを置いて、結構便利に使ってます。ご存じの通り、DropTapは「Drops」2022語のライブラ...
書籍紹介

鮎川哲也全長編読了

長編はたった22冊。入手困難本は「白の恐怖」(最近復刊)くらいで、それ以外は古書や電子書籍であれば容易に手に入る作家なのに、随分長いことかかってしまいました。日本の本格ミステリの巨匠中の巨匠、鮎川哲也の長編をようやく全て読み終わりました。 鮎川哲也と言えば「黒いトランク」でしょうが、読んだ当時は「鮎川作品の味わい方」をわかっていなかったように...
活動報告

Drop-Inについての情報その1

一昨日の告知は大変な反響をいただきました。あっという間に通常の3倍のシャアザク的速度(ああ、これを書いちゃダメなのに、手が...)で閲覧数がうなぎのぼりに。 ちょっと情報を追加しておきます。 1、機器貸し出し繰り返しになりますが、無償貸与です。予算と人的リソースの制限から、採択は5組だけです。貸し出し機器に傷をつけないようにケースをつけ...
トップへ戻る