3Dプリンターは教材作成工房になりうるか

ここ最近はぱったりと、FaceBookにもブログにも、3Dプリンターの事は書かなくなりました。それは何故かというと、飽きたからではなくその真逆で、メインの研究の一つになってしまって、何か書くと仕事に直結しすぎるからです。

そんなわけで、時間がある時、もしくは今日のように忙しすぎて(本当は夏季休暇のはずなのにすでに9時間以上机に向かって)ボーッとしてきた時に、ちょっと書いてみようかな、と思います。

自分が最初に使った3Dプリンターは「ダヴィンチ mini w」というモデルでした。
この機種、なかなかのロングセラーで、色を変えたり機能を少し追加しながら、いまだに現行商品ですね。

コメント

トップへ戻る