「できたらいいな」を「やってみた」_徳島県教育委員会_PBS実践事例集

なんといい言葉。

徳島は県主導でポジティブな行動支援に取り組んでいます。

自分は奥田健次先生に
「徳島の取り組みは、信州ABA研の、長野県の、お手本になるから見に行くべき」
と言われて、そうなのか!と(単純だな、我ながら)、夜行バスと朝一の飛行機を乗り継ぎ、徳島県へ行って参加しました。それがH28年度の成果発表の時のことです。懐かしい。

現場の先生方が、専門家のコンサルを受けながら、ABAに基づいた実践に取り組み、その成果を自分の言葉で報告されていることに感銘を受けました。
ポスター発表では自分も色々質問しましたが、どの実践者も真正面から答えてくれて、それも感激でした。
ちなみに、同じポスター見ていた人が、恐ろしくマニアックかつ鋭い質問をしているので、すごいなあ、誰だよー?と思ってみたら、島宗理先生でした😀。

これまではリーフレット的な物でしたが、今回はとても読み応えがある事例集。ぜひダウンロードを。

コメント

トップへ戻る