「ゆるジオ」安曽先生は、今一番タモリ倶楽部に出て欲しい研究者

もちろんブラタモリでも可。似合うと思うんだよなー。

博物館をインクルーシブな場にするという視点で、様々な取り組みや研究をされている安曽先生とは、お互い以前の職場の頃からのお付き合い。

基本は真面目な内容のはずなのに、必ず抱腹絶倒のネタが散りばめられた素敵ブログ「ゆるジオ」の管理人でもあります。

いつもドロップスをご贔屓にしてくれて、過去にはこんな記事も。

フランスでは本当に英語が通じなくて、萌えるー絵文字の効果

まだ読んだ事がない方は是非寄ってみてください。

コメント

トップへ戻る